ja
ホーム / セキュリティー / ファイアーウォールを更新・WordPress の REST API 脆弱性に対応

ファイアーウォールを更新・WordPress の REST API 脆弱性に対応

この度はサーバー名tokaiとkinkakuのファイアーウォールを更新しましたのでご案内致します。

複数の改善と修正が行われるほか、WordPress REST API の脆弱性に対する特別な保護が追加されました。

現在のデータでは、この脆弱性を利用して200万以上(*)のWordpressサイトがハッキングされています。REST APIの脆弱性は1月に発見され、正式に1月27日に修正されましたが、まだ大半のサイトが最新のアップグレードに更新されておらずハッキングに侵されている状態のままのようです。

未来サーバーは貧弱性に対するパッチが適用されていないすべてのサイトを保護します。無料サーバーも保護されています。

この大規模なセキュリティー更新により、PHPアクセレレーターが影響されPHPが12時間程度停止され、皆様のホームページに接続エラーが発生し大変申し訳ございません。4:09 AMから13:07 PMの間、接続エラーが発生したことが確認できています。心からお詫び申し上げます。

以上、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

未来サーバー

運営チーム

 

(*) bleepingcomputer.com による数値 – WordPress REST API Flaw Used to Install Backdoors, https://www.bleepingcomputer.com/news/security/wordpress-rest-api-flaw-used-to-install-backdoors/

案内 管理者

Wordpressインストール可能、データベース利用可能、PHP/CGI利用可能、広告無しの無料レンタルサーバー

こちらもおすすめ...

ウエブメーラーRoundcubeのデータベースをSQLiteに

ウエブメーラーRoundcub …

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。